スタジオの3つの問題点

今回から、具体的な話に入っていきます。

音楽やる人には、練習するスペースが必要です。
じゃあどこでやるかと考えた時に、1番に思いつくのがスタジオではないでしょうか。

10年以上スタジオを利用させて貰ってきて、つくづく思うのが、
「あぁ、本当にスタジオって経営が難しいんだな。」という事です。

理由として、まず人の出入りが服屋や飲食店に比べてかなり少ない
1つのグループ、個人が同じ場所で何時間も練習する訳だから当然ですね。

となると、住んでる家とかで自由に開く以外では、
まず人通りの多い場所に置かなければならない。
例えば上に書いた様な人の出入りの多い店の近く
(というかもう隣に置かないと厳しいかも)、
商業施設の中、街のど真ん中 etc。

次に音響の問題があります。
バンド演奏とかになると防音しても外にもれる場合があるので、
静かな住宅地等は難しいです(完全に不可能ではないですが・・・
それに関してはまた後々)。
実際、にぎやかな街や、大きな道路沿い、高架下、地下に作られる事が
多いみたいです。
逆にすごく田舎、というのもアリなのかな。

そして心理的な問題。
実は個人的にはここがかなり大きい。
要は「外に音がもれてないかな・・・」と気にしてしまう
私は前の記事かな?で書いた通り周りの事を凄く気にするので、
これは常に思っていて、かなり負担になっています。
まぁ自業自得ですが(笑)
性格的なものでなくても、まだあまり演奏が上手くない方は自信が無い事が
多いと思うので、気になられてる方結構いるんじゃないかなあ?
日本人はシャイって事もありますし。
でも気にされない方はされないですよね、家や道端で大声で歌っても平気・・
正直、かなり羨ましいです(笑)

とにかく、スタジオについて私が気になったのはこの3点です。
正直、1つ目も人ごみが苦手な私にはキツイ話なんですよ。
人ごみが平気な人には有利、苦手な人には不利と言う状況が出てきてしまい、
平等でなくなっちゃいますよね。
この平等でないというのが悔しくて堪らないです。

・・・さて、最後の方はちょっと感情的になってしまいましたが、
練習場所の問題は理解して頂けたでしょうか?
3つ目なんてほぼ自分の問題ですけどね。。
でもこういうのを含ませていく事が、このブログの味だと思っているので(笑)

次回からは、具体的にこれまで利用してきたスタジオ
(中にはスタジオ以外の場所もあったり。)を紹介する事で、
よりこれらの問題が分かりやすくなっていけば良いなあと思っています。
とりあえず、単なるクレーマーにならない様に気をつけたいと思いますので、
次回からもお付き合い頂けるととても嬉しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック